会社経営に欠かせない事業者ローン|急な出費に大活躍

住宅ローンのタイプ

クレジットカード

住宅ローンにはいくつかタイプがある

借り入れした後に市場金利が増加したとしても返済金額が増加しないのが全期間固定型で、返済期間全体の返済額が確定できるというメリットがあります。市場の変動に左右されることがありませんので、住宅ローンの返済計画が立てやすいタイプといえます。ただし、借入をした後に市場金利が低下しても返済金額が減少されることはないです。契約をして返済開始直後は変動型と比べると返済金額が多いです。ですが、返済金額も一定であることがメリットです。

変動金利のタイプについて

金融情勢の変化に伴って定期的に住宅ローンの金利が変動するのが変動型です。金利が低下すれば返済金額が減少されるメリットがある反面、上昇してしまえば返済金額も増加してしまうデメリットがあります。住宅ローンの借入時には、将来の返済金額が確定しないことから返済計画も立てづらいのがデメリットとしてあります。固定期間選択型も変動型のもうひとつのタイプで、一定期間固定金利が適用されてその後は変動型になりますので返済金額が増加したり減少したりします。住宅ローンのタイプにはそれぞれにメリットとデメリットがあります。ですから、それをよく理解して自分に合ったローンを見極めることが大切です。将来の姿を思い浮かべながらローンの選択をしていきます。