会社経営に欠かせない事業者ローン|急な出費に大活躍

不動産ローンの賢い利用法

レディ

ローンの審査基準

投資用不動産の利回りを向上させるためには、良い条件で不動産担保ローンを調達する事が必要不可欠です。不動産ローンを利用して投資を行うと、少ない自己資金での投資が可能となるため、レバレッジ効果が働き最終的な利回り向上が図れるのです。不動産担保ローンの審査基準には大きく2つあり、まず第一に担保不動産の市場流動性の高低です。市場流動性の低い物件は、万が一金融機関が抵当権を行使して物件を競売にかけた時に中々市場で物件が売却出来ず、債権の回収が遅れるリスクがあるため、金融機関はリスクの高い案件として取り扱う事になります。第二の基準は担保不動産の権利関係です。権利関係が複雑な物件はやはり市場で売却しにくいため、金融機関は敬遠する傾向が強いです。

低金利で借りる為の工夫

不動産担保ローンを低金利で借りるためには、担保不動産の市場価値と市場流動性を極力高めた上で審査依頼を出す必要があります。一般的に不動産担保ローンの金利は、担保物件価値に対する融資額の掛け目が低ければ低いほど低リスク案件として低金利が適用される傾向があります。そのため、事前に物件の修繕や物件入居率の向上を図り、金融機関に安心してローンを提供できる物件である事を示す事が低金利で借りるための最大のコツとなります。また、担保物件が複数のオーナーによって共同所有されている物件だと、いざ売却する際に他の所有者との調整が必要となったり手続きがややこしいため、可能であれば完全所有権を確保した上で審査依頼を出すのもポイントの一つです。