会社経営に欠かせない事業者ローン|急な出費に大活躍

クレジットカード

住宅ローンのタイプ

住宅ローンにはいくつかタイプがあります。主に3つの金利タイプがあり、全期間固定型、変動型、固定期間選択型というものです。借り入れたときの金利が全返済期間を通してずっと変わらないのが全期間固定型です。

自由なローン返済

電卓を使う人

いつ返済をしてもよい

消費者金融のカードローンが人気な理由のひとつとして、返済はいつでもよいことです。いつでもいいといっても返済期日が到来する前までならいつでもよいということです。カードローンの金利計算は、日割りでカードローン金利計算されます。カードローン金利計算は、何%で契約をしているかと利用日数で利息の支払い金額が変わります。カードローン金利計算式は、借入残高×契約金利×利用日数÷365日で金利計算できます。30万円を18%で借り入れし30日間利用した場合の金利計算をすると、利息の支払い金額は4438円になります。この金額に元金をプラスした金額が最低支払い金額となるのです。30日ぴったりで支払う必要はなく、余裕があれば前倒しで入金すれば、カードローン金利計算すると利息の支払い額はその分安くなります。

多めに入金で利息カット

カードローンの返済は、返済金額も自由です。ただし、利息と元金を合わせた最低支払い金額以上であればいくら上乗せ入金をしてもよいのです。カードローンの返済金顔の内訳である利息の支払い金額は、現時点の残高に対して金利がかかってきます。新規借り入れしたばかりの利息支払い金額は高いのですが、返済を続けていくと元金は減っていきます。つまり、返済は2回目以降からであれば追加で借り入れすることがなければ、金利計算をすると利息の請求金額は減少していくのです。毎月定額の支払いであれば、同じ1万円の入金をしたとしても利息に充当される部分が減って元金に充当される部分が多くなるのです。余裕があるときは多めに入金することで将来の利息もカットすることができるのです。また、ローンを利用する場合は目的に応じて組むことが可能です。個人でローンを組む際にはフリーローンがあり、これは様々な目的に利用することが可能です。その他にもマイホームを購入する場合は住宅ローン、車を購入するならマイカーローンがあります。個人で利用するのではなく、事業で利用するものには事業者ローンがあります。事業者ローンは経営者が利用するものとなっており、手続きが簡単なことから気軽に利用することができるでしょう。

3枚のカード

初めてのローンにおすすめ

銀行カードローンは、消費者金融に比べますと、金利が安い事から初めてのカードローンに大変おすすめです。審査も近年では、インターネット上で申込完結する事で、即日発行が可能です。是非、自分に合っている銀行を見つけて、契約をしましょう。

レディ

不動産ローンの賢い利用法

良い条件で不動産担保ローンを調達する事は、不動産投資で高い利回りを確保するには必要不可欠です。事前に、物件の修繕や物件入居率を向上させ、不動産としての価値を高める事や、権利関係を整理するといった工夫が、低金利で借りるためには必要です。